【火山灰シラス 洗顔石鹸@口コミ】TOP > よか石けんvs茶のしずく

よか石けんvs茶のしずく

よか石けんと茶のしずくはよく比較検討されます。その比較ポイントとそれぞれの特徴を解明!
石けん

よか石けんVS茶のしずく

「よか石けん」と「茶のしずく」は、自然派石けんの両横綱として、多くの人が認めるところです。
「よか石けんvs茶のしずく」と、あからさまに対決姿勢が表面化している訳ではありませんが、表面化では、両社、秘かに互いにライバル意識を燃やしているのかもしれません。
どちらも通販が主力となっているので、口コミ評判や動向には敏感になっているようです。

「よか石けんvs茶のしずく」と比較検討してみるのも面白いのですが、両者には意外と共通点も多く見出せます。
有効成分としては、「よか石けん」なら微粒子化した火山灰シラス、「茶のしずく」なら緑茶エキスと、共に世間の意表を突く自然素材がセールスポイントとなっている点がユニークです。

泡立ちのきめ細かさでは「よか石けん」

「よか石けん vs 茶のしずく」で比較すると、どちらも肌への刺激は強くはなく、優しい石けんだという評判です。また、どちらも石けんなのに、使用後は、つっぱり感もなく、さっぱりした爽快感が得られるという評判です。

泡立ちやキメの細かさでは、「よか石けん」は文句なしです。
「茶のしずく」の方は、熟練が必要と言われます。
水の量の加減など、コツがつかめると「よか石けん」並みに良好になるようです。

シミが気になるのなら「お茶石けん」...

シミなどの解消は、「茶のしずく」の方に軍配が上がるようです。
クレンジングでは、どちらかと言えば、「よか石けん」の方が優位に立ちます。
と言っても、極端な違いはなく、不満は特に感じられないようです。

全体的にみると、「よか石けんvs茶のしずく」対決は、実力面で、両者、ほぼ互角と言えるでしょう。
結局は好みの問題なのでしょうが、自然素材の石けんとして、両者、たがいに高め合っているようでさえあります。


カテゴリー
FX入門塾